トップページ > お肌の悩みとトラブル >  大人ニキビ

大人ニキビ

大人のニキビの原因は生活習慣にあり?!皮脂が多いからニキビができるわけではありません。

大人にきびの原因は生活習慣にアリ!

10代のニキビのほとんどは余分な皮脂が原因で起こります。
しかし20代以降のニキビは皮脂が原因であることは少なく
ほとんどの場合、生活習慣の乱れが原因となっています。

額などの皮脂の多い部分ではなく
顎など乾燥しがちな場所に多いのが特徴です。

■ 主な大人にきびの原因■
・ ストレス
・ 睡眠不足
・ 暴飲暴食、野菜不足など不摂生
・ 慢性的な運動不足
・ 生活リズムの乱れ

生活習慣の乱れは、ホルモンバランスを乱します。
これにより毛穴が角化異常して起きる症状です。

睡眠時間をたっぷりとり
野菜中心の食事をして
適度な運動を心がける。

原因となる生活習慣を改善するだけで
驚くくらいあっけなくにきびが治るケースが多々あります。

大人にきびで悩まされている方は
生活習慣をまず見直してみて下さい。

アトピー肌・敏感肌・乾燥肌に最適な化粧品はこの3つ!←クリック

このページのトップへ↑

クレンジングと洗顔がにきびを悪化させる!?

にきびの原因は過剰な皮脂と思い込み
一日何回もごしごしと洗顔をしたり
皮脂を洗い流したいからとノーメイクの状態で
クレンジングをしたりしていませんか?

実はこれはにきびを悪化させることがありますので要注意です。
もちろん、肌の上に皮脂などの汚れを残さないことは
にきび対策としては重要です。

しかし洗いすぎてしまうと、肌の潤い成分を洗い流してしまうため
肌が乾燥し、肌のバリア機能が低下してしまいます。
こうすると肌は刺激から身を守ろうとして角質が厚くなってしまいます。
結果、毛穴が角質でふさがれてニキビが酷くなってしまうのです。

ニキビができたときのクレンジングは
肌へのあたりが柔らかいクリームタイプがオススメです。
石けんは刺激の少ない固形石けんを使いましょう。
洗顔の回数は朝と晩で十分です。

アトピー肌・敏感肌・乾燥肌に最適な化粧品はこの3つ!←クリック

このページのトップへ↑

にきびが出来たら油分を控えて保湿しよう

にきびが出来てしまったときのスキンケア方法をご紹介します。
まず、油分を控えること。
これは第一の基本です。
にきびの原因となるアクネ菌は油分を好みますので
どんな種類であってもつけすぎないように調節することが大切です。

対して水分ですが、これはたっぷり必要です。
肌が乾燥してしまうと毛穴の角質が厚くなり
毛穴が詰まる原因となるからです。

しっかりと洗顔をしたあとは
ビタミンC誘導体配合の化粧水を使いましょう。
皮脂分泌をコントロールして、ニキビを抑える効果があります。
また赤いにきび痕を薄くする効果もあるのでオススメです。

このほか肌の保湿力を高める
ヒアルロン酸、セラミド配合の保湿美容液がオススメです。
化粧水や美容液は手に取り
優しく押さえるように肌に馴染ませてください。

アトピー肌・敏感肌・乾燥肌に最適な化粧品はこの3つ!←クリック

このページのトップへ↑

ニキビ肌のメイクはパウダーファンデーションが基本

ニキビができてしまったからノーメイクで過ごす...というわけには
なかなか行かないのが20代以降ですよね。

ニキビ肌へメイクをするときには刺激の強いものを
避けてメイクを行うことが大切です。

・ クリームタイプのファンデーション
・ リキッドタイプのファンデーション
・ 化粧下地

この3つは刺激が強いので使用を止めてください。

刺激が少ないのは
・ パウダーファンデーション
・ ルースパウダー(粉白粉)
です。

保湿美容液の上から直接塗れば刺激も少なくなります。
肌の上で軽く滑らせるようにして押さえましょう。
ただし、ニキビの炎症部位を隠したいからと
厚塗りするのは厳禁です。
薄くコンシーラーを塗る程度にしましょう。

また、スポンジやパフも雑菌が繁殖する温床になりますので
清潔な物を使うようにして下さい。

アトピー肌・敏感肌・乾燥肌に最適な化粧品はこの3つ!←クリック

このページのトップへ↑

生理前のピーリングでにきびケアしよう

生理前はホルモンのバランスが崩れてしまうため
にきびがどうしてもできやすくなります。
この時期は気をつけていても、にきびが悪化しやすいのです。

生理前にいつもにきびが出来やすいなぁと感じる方は
ピーリングでケアをすると良いでしょう。

ピーリングは皮膚の余計な角質を取り除くことができるので
毛穴が詰まりにくくなり皮膚のターンオーバーを高めます。
これによりニキビ痕を予防することができます。

ピーリングは肌が弱い人はできないというイメージがありますが
角質を除去するケアなのでアレルギーの心配などはありません。
敏感肌の方は弱めのピーリングから始めることで
徐々に代謝がよくなり、肌が丈夫になります。

最近は自宅で手軽に行えるピーリング用の化粧品が販売されています。
これらでニキビができやすい時期に予防として使ってみて下さい。

アトピー肌・敏感肌・乾燥肌に最適な化粧品はこの3つ!←クリック

このページのトップへ↑

漢方薬で体質改善してにきびを治そう

大人にきびはほとんどの場合、生活習慣からくる
ホルモンバランスの乱れが原因となって引き起こされます。

ですから、出来てしまったにきびに対して
塗り薬で殺菌をしても根本的解決はできません。

皮膚科では抗生物質などの内服薬を処方してもらえますが
長期的な服用は副作用が心配です。
にきびを治すためには体質を改善しなくてはいけませんから
長期間服用しても安心の漢方がオススメです。

漢方は効果は緩やかですが、ホルモンのバランスを整え
皮膚の免疫力を高めたりすることができます。
また、体の治癒力を高めることができるので、飲むのをやめても
再発しにくい体を作ることができます。

当帰芍薬散、加味逍遥散、桂枝茯苓丸、荊芥連翹湯
清上防風湯、十味敗毒湯などがにきび治療に効果的です。
自分の体質に合うものを選んでください。

アトピー肌・敏感肌・乾燥肌に最適な化粧品はこの3つ!←クリック

このページのトップへ↑

にきび痕対策で美肌になろう

にきび痕は3種類に分けることができます。
・ 赤みがのこる
・ シミが残る
・ 陥没が残る

陥没が残っている場合のにきび痕は、完全に消すことは難しいです。
しかしいずれのケースもピーリングとビタミンC誘導体配合化粧水で
ケアすることでかなり改善させることができます。
にきび痕が酷い場合は専門医によるピーリングがオススメです。

また、にきびはでき始めたときに上手につぶせば
綺麗に治すことができます。

毛穴に皮脂が詰まったコメドという状態のときに
芯だけを押し出すように潰します。
爪ではなく「コメドプッシャー」という専用器具を使うか
綿棒2本で挟むように押します。
お風呂上りなど毛穴が開き、柔らかくなっているときに
行うのがコツです。
ただし、痛みを伴う赤にきびには厳禁ですので注意して下さい。

アトピー肌・敏感肌・乾燥肌に最適な化粧品はこの3つ!←クリック

このページのトップへ↑